子育てお役立ちブログ

日常生活で役立つことをご紹介します。

赤ちゃんのおむつ漏れ対策はこれ!背中漏れの原因とは?

かわいい赤ちゃんが生まれて、しばらくするとおしっこやうんちの量が増えてきます。
そうなると、おむつのつけ方が悪かったり、サイズがあっていなかったりすると背中漏れを起こしてしまうこともしばしば。
ときに何でこれだけおむつに気を付けているのに背中漏れしちゃうの、と嘆きたくなることもあります。
そんな背中漏れの悲しいことがおむつで起きることを防ぐための対策をあれこれまとめてみましたので参考になると幸いです。

おむつの背中漏れの原因

おむつの背中漏れの対策を立てる前にまず原因についてまとめてみます。
原因として多く挙げられることは、おむつのサイズがフィットしていない、うんちやおしっこの量に対応できていない、おむつの当て方が不十分、赤ちゃんのお尻の個性、激しい赤ちゃんの動きについていけていない、踏ん張る姿勢になってしまっている。
などです。
この中で最初に対応を考える必要があるのがサイズがフィットしていないことです。
緩すぎてもきつすぎても漏れてしまうのです。
せっかく友達からおむつケーキをもらってたからそろそろ使ってみようと、普段使わないメーカーや違うのサイズのおむつを使うと起こることもあります。
次にうんちやおしっこの量に対応できていない点です。
最初は母乳やミルクを飲むか飲まないかくらいの量だったものが、わずかな期間で急激に増えます。
その分たくさんのうんちやおしっこが出ますから、それに対応できていない可能性があります。
また、便秘気味だったところから一気に出た場合でも起こることがありますし、何らかの理由で下痢になった時もリスクが上がるのです。次におむつの当て方です。
旦那さんが休日にたまたま行ったりすると起こりやすいです。
また、サイズを変えたり、たまたま売り出しで安く買った別のメーカーでいつも通りに行うとあります。
特にギャザー部分が折れ曲がっていたり、締め付けが甘かったりすると失敗しやすいので注意が必要です。
また、赤ちゃんのお尻も個性がありますから、お兄ちゃんやお姉ちゃんの時のフィーリングでおむつをつけて失敗する例もあります。
足のばたつきが増えたり、ハイハイを始めると、おむつもズレやすくなります。
これも背中漏れの原因になります。
イスやチャイルドシートに座ると踏ん張りやすくなりいつもより沢山出るようになってこれも背中漏れの原因になります。
またオムツが押し付けられるので逃げ場がなくなって漏れるという場合もあります。
このような原因で背中漏れが起こりやすいようです。
これらの原因を考えながら対策を立てていく必要があります。

おむつの背中漏れの対策

原因が分かったところで対策をいくつかまとめてみます。
対策は3つ。
おむつのメーカーやオムツのタイプを変える、ティッシュを挟んだり二重にしてみる、うんちが出たら、動いてズレたらこまめに交換、締め直すです。
おむつ同じサイズ表記でもメーカーが異なると構造やサイズが微妙に異なります。
この違いが赤ちゃんのお尻の個性に対応しフィットを高める対策になります。
Aというメーカーで背中漏れを頻発していたものが、Bというメーカーにしたらなくなったという例もあります。
これはBのメーカーが優れていたという訳ではなく、Bのメーカーにフィットしていたという考えの方が実際に近いと言えます。
また、思い切って履かせるタイプにすることで解消される場合もあります。
つぎにティッシュを入れて吸収を高めたり隙間を埋めてフィット感を高めるという方法です。
こうするとある程度の動きにも対応できますし、踏ん張った姿勢で背中漏れが起こる時もティッシュが防波堤として働いてくれることもあります。二重にするというアラワザもありますが、これは手間やコストの割に効果が薄すいのでお勧めしません。
そういう対策もありますと心にとどめておくといいのではないでしょうか。
最後はこまめに交換、こまめにゆるみチェックを行うです。
こまめに交換というとどうしても経済性が悪いイメージがありますが、少量でもすぐ変えるという訳ではなく、うんちが出たらすぐに交換するという意味です。
うんちが出た後はおむつの容量が限界になっていることがほとんどですから、追加のおしっこが来る前に交換することで対策を立てられます。
また、動いた後は緩むこともありますから、チェックして締め直す(ウエストのゆとりが指1本を目安)というのも有効です。

こんな考え方もあります。

原因にジンクスを挙げる方もいます。
汚れが目立つ服を着せた時に限ってとか、出かける前、バタバタしている時に限ってという感じで背中漏れを起こすという場合です。
そういった場合の対策はこまめなチェックとそういったいちゅえ―ションになりそうなときは警戒するなどの対策が良いのかもしれません。

まとめ

子育てをすれば、時々遭遇してしまうのが背中漏れ。
こまめなチェックとティッシュ、おむつの再検討などの対策を立てて、子育てを楽しみましょう。